DesireのRDAアトマイザー「Yuri RDA」の紹介です。

Desireは個人的にかなり注目しているメーカーで、Hcigarと同様にめちゃくちゃ手に入れやすい価格で、質の高いアトマイザーをリリースしています。
今回のご提供はベプログショップ様よりいただきました。

Yuri RDAのスペック

最外径: 22mm
高さ: 41.9mm
【特徴】
サイドボトムエアフロー
ドリップチップ大小交換式
初心者におすすめのベロシティデッキ

公式HPを参考に意訳してます。

大きさ的にはよくある22mm径なのでMODを選ばずに乗せることが出来ます。
高さもそこそこなので、特に気になる点はないかと。

Yuri RDAを開封してみました

では早速開封です。
パッケージは華美な装飾のない、クローン?とも思えるぐらいの簡素な見た目です。

パッケージの加飾レベルのインフレに反抗するかの如くシンプルな見た目です。本職が製造業の私からしたら、こんな感じでコストを削減してくれた方が本体価格も安くなるので良いなーと感じます。

開封してみると、スポンジの中にアトマイザーとボアドリップチップが鎮座しています。

ちなみにラベルはシールになっているので貼り付け可能です。

そこには消耗品各種です。
Oリング、替えネジ、六角が入ってます。

Yuri RDAの構造

構造の特徴ですが、まずは初心者にも組みやすいと評判のベロシティデッキです。

穴にコイルの足をバンっと入れてネジ止めて、あまりをカットするだけなのでかなり簡単にビルドできます。
初心者には無条件でこれがおすすめ。

あと特徴的なのが、斜めにエアーが入る構造です。

MadDogでも採用されているこのテーパー式のエアインテークですが、個人的にはダイレクトにコイルに当たってくれる感じがしてとても好みですね。

後は実はそこまで特徴的なものはないです。
味が出るということなので、キャップの天面に特徴があるのかと思ってチェックしましたが・・・

普通ですね。

吸うまでは本当に味が出るのかよくわからないデッキです。

リビルドしてみました

では早速ビルドしてみます!

今回は0.3Ωデュアルコイルをカンタルで巻いていきます。

ささっと巻いて、ホットスポットを取り除いて。。。

コットンを通して、リキッドチャージです。

うん、いい感じ。

コイルの高さとエアホールの位置もいい感じです。

YuriRDAの味はいかに?!

では、早速吸っていきます。

おお、結構味が出てますね!なんでこんな変哲もない形で味がでるんでしょうか。

やっぱり特徴的なエアホールでダイレクトにコイルに当たったエアがドリップチップに流れている感じなのでしょうね。

めちゃくちゃおいしい!最高!!という感じのアトマイザーではありませんが、かなり簡単に組めて味がしっかりでるので初心者の方には最適です。

シングル運用も可能ですが、構造的にはデュアルコイルが前提になっています。

MAZE V3なんかは初心者の中でもシングル運用で比較的大人し目のセッティングなのに対して、YuriRDAは比較的爆煙好きに受けるアトマイザーです。

Yuri RDAはこんな人におすすめ!

初心者で、初めてのRDAを探している人にはかなりおすすめです。
かなり組みやすくて、コイルさえ巻ければセット自体は5分程度で出来てしまいます。

値段も3,480円とかなり手ごろなので、初めてのRDAには最適です。

ベロシティデッキということで比較的太いワイヤーゲージもセットできるので爆煙で煙モクモクすることもできます。

Yuri RDAはこんな人にはおすすめできません

フレーバーチェイサー(味重視)の方にはあまりおすすめできません。
確かに簡単に組めて味も出るので、おいしいです。

でもフレーバーチェイスができるかというと、ちょっと疑問です。
味を出すためだけならばもっと他にアトマイザーはあると思います。

あくまでもRDA初心者で自分でコイルを巻いたらどれぐらいクリアロと味の差が出てくるの?!っていうところで見てもらえれば。

同じ理由で、ある程度vape経験のある方もおすすめしないわけではないのですが、同じようなベロシティタイプで22m径のアトマイザーもってるよー。

という方はあえて購入するほどのものではないと思います。

まとめ

コストパフォーマンスの非常に高いアトマイザーです。

ここまでの価格でこのクオリティはなかなかないです。
まだRDAつかったことないよーーーという方が買って頂ければ、まず間違いなく高評価になるだろうなというアトマイザーです。

味をもっと出したい、クリアロのリキッド漏れが気になる、もっと爆煙がしたい!という初心者の方は一度検討してみてはいかがでしょうか?