今回はRTAアトマイザーのレビューです!しかも、ちょっと前から少し気になっていた、MTLタイプ。
「AUGVAPE Merlin MTL RTA」です。
提供はgearbestさんからいただきました。ありがとうございます!

AUGVAPE Merlin MTL RTA を開封♪

外箱はちょっと税関で開けられてしまって、汚くなっていたので省略します。

中身はこんな感じです。特徴的なのが、タンクのガラスの形状です。ストレートタイプと、ふっくらしたタイプ。どちらでもいいんですが、若干膨らんだ方がリキッド容量が大きくなります。

コンタクトは510接続できちんと出ていますが、MTLなのでメカニカル運用はあんまりコンセプトと合わない気がします。
どちらかというと、温度管理とかをするのがすきな方にとって刺さる商品ですね。

面白いのがエアフローの細かい調節機能です。

こんなかんじでサイドとボトムからエアーが当たるようになっているのですが、ボトムエアフローとサイドエアフローがそれぞれデッキ内部で調整できるようになっています。

こんなピンが4種類入っていて、真ん中の径がそれぞれちがうのでかなり細やかな調整ができます。

これプラスいつものエアフローアジャストもあるので、かなり細かくエアフローを調整できますね。エアフローマニアにはヨダレものですね。

ドリップチップは二つのタイプが入っています。吸い口が細くなっているaspireのノーチラス2的なドリチと割とワイドなドリップチップが付属しています。

チャンバーは一応すり鉢状になっているのですが、個人的にはここはドーム状になって欲しかったなと思います。

では組んでみます。割と組みやすいデッキなので初心者でも安心です。

ただし、コットンの足をホールドする穴が大きいのでこの調整は少し手間ですね。
少なすぎると、漏れ漏れになってしまうので注意してください。

リキッドチャージは上からやるタイプでかなりやりやすいのですが、締めすぎるとトップキャップではなくチャンバー部分が供回りしてしまうので、ここも気をつける必要がありそうです。

最近のクリアロでよく見かけるスライド式のトップキャップのほうがここらへんは便利ですね。

せっかくなので、AUGVAPEのMODと組んで見ました。
ふっくらしているのがダサいかなと思ってたのですが、意外と組んでみると大きな違和感はないです。

こういうもんだなと思ってもらえればと思いますw

AUGVAPE Merlin MTL RTA を吸ってみました

では吸ってみます。

正直デフォルトのボトムエアフローピンだとドローは思ったより軽いです。全閉でリアルタバコぐらいですかね。

少し面倒なのですが、ボトムエアフローピンを最小にして吸って見ましたが、これはかなり思い。まさにチューチュー吸うという表現がぴったりです。

エアーの吸い込み音が全くありませんので完全にサイレントで吸えます。味はもう抜群です。

タイトなドローにしっかりとしたミストがチューチュー吸えるアトマイザーですね。

これ温度管理して美味しいリキッドを入れてちまちま吸うのに最高ですね。

まとめ

普段は比較的ドローが思いアトマイザーが好みなので、MTLってなんなの?と思ってたんですがこれを吸って印象が変わりました。

チューチュー吸うのってかなり楽しい。全然違う楽しさがありますね。MTL好きだけではなくって今まで倦厭していた人にもぜひ試して見てほしいアトマイザーでした。

ごちそうさまです。