今回紹介させていただきますのは、BI-SOから新しく発売されました、ウィスキーボンボン味です。

ウイスキーボンボンって、あんまりお酒が好きではない自分は食べることはないのですが、チョコレートの中にウイスキーが入っているという感じのお菓子ですね。

今回紹介するこちらのリキッドは毎年恒例になりつつある、冬季限定リキッドですね。確か去年はロゼ味みたいな感じでお酒系のリキッドが年末に発売されるイメージでしょうか。

提供はベプログショップ様からいただきました。ありがとうございます!

Whiskey BonBon(BI-SO)の詳細スペック

では、まずはスペックや外観などを紹介させていただきます。
何と言っても目を引くのはこの、紙箱ですね。

ウイスキーの樽を模したデザインです。

なかなか凝ってますよね。

リキッド容量は30mlで普通のサイズですね。

化粧箱からリキッドボトルを出して見ましたが、なんと黄金に輝いてます!!!

これはびっくりしましたね。なかなか見た目に豪華なリキッドです。

Whiskey BonBon(BI-SO)を開封&香りチェック♪

では開封して香りをチェックして見ますね。

うーん、なかなか複雑な香りです。
若干お酒の感じも感じますが、お酒が苦手な自分でも特に嫌な感じはしません。

なかなか期待感の溢れる香りですね。

Whiskey BonBon(BI-SO)を吸ってみました

では吸って見ます。

まずはセッティングは、爆煙仕様。0.2ohmのデュアルクラプトンのRDAで吸って見ます。ワッテージは80wです。

うわ、これめちゃくちゃ美味しい!!!!!!

イメージ的に、BI-SOのリキッドって、初心者向けにアレンジされたリキッドっていうイメージが強かったんですが、このリキッドは初心者以外の方でも楽しめるリキッドですね。

ウイスキーの芳醇な香りと、チョコレートのビターな感じが広がります。
ミストを吐く時にも、まろやかな感じがきますので、なかなか重厚なリキッドです。

かと言って、人を選ぶようなクセも強くないので、割と間口は広そうなリキッドです。

どちらかというと、スイーツ系リキッドの中でも、大人な感じで甘みが強い!という感じではないのでタバコ系とかそういうリキッドが好みの方には非常にオススメです。

では次は、比較的高抵抗のセッティングで試して見ます。

セッティングは、0.8ohmでシングルコイルで吸って見ます。ワッテージは20w程度です。

おお、全然味が変わりますね。結構ウイスキー感が厚めに出てきた感じです。
個人的にはお酒が嫌いなので、あまり・・・という感じですがリキッドの方向性としてはどちらかというとこの味なのかな?という感じ。

最初に低抵抗で吸ってから高抵抗で吸うと、やっぱり結構低抵抗ではフレーバーが飛んでしまっている印象です。
なので、ウイスキーが好き!という方はぜひ高抵抗で吸っていただくことをオススメします。

ただ、僕としてはフレーバーが飛び気味とはいえ、逆にいい感じにウイスキー感だけが飛んでくれてるので、普通に低抵抗で一本すぐになくなっちゃうぐらいは美味しく吸えるリキッドのレベルだと思います。

まとめ

という訳で、今年のBI-SO冬季限定リキッドはなかなかのレベルでした。

収集癖のある自分としては、ボトルが非常に綺麗なので、使った後飾る用として置いときたいです。
去年のは普通のボトルだったので、できれば今後も飾って並べて自分のVAPEライフを思い返せるような年表になるボトルにしてほしいですねw