フレンバージュルジュル
フレンバーを吸ったときに「ジュルジュル」っと音がして口にリキッド入ってくることってありますよね。

これ、電子タバコの世界ではよくある話でそのまま「ジュルる」っていう動詞で使われることもあります。
「あーこのアトマ、ジュルりやすいね。」とかそんな感じです。

知識がなかったら「これ不具合?!」と過敏に反応してしまいがちですが、電子タバコでは対策をしないと「ジュルる」現象に悩むことがおおいですl。

今回は、フレンバーを吸った時に味わう、ジュルジュルについてジュルりにくい方法などを紹介したいと思います。

まずはジュルジュルの原因を特定しましょう!!

ジュルジュルは「なんらかの理由でリキッドが空気の通り道に漏れている」ことで起きてしまいます。

主に漏れてしまう箇所は、「コイル」から漏れてしまいます。

コイルが設置されているネジの部分からと、リキッドが供給される穴から徐々に漏れてしまうことがあります。

こればっかりは重力の影響もあるので完全に防ぐのは難しいです。
難しいですが、ある程度気を配っていればジュルジュルを抑えることはできます。

フレンバーのジュルジュルを抑える方法

アトマイザーを逆立ちさせて保存する

吸わない時にそのままにしておくと、リキッドはリキッドホールから徐々に重力に負けて染み出してきます。
染み出したリキッドはそのまま、エアーホールの方に流れてしまうので、ジュルジュルしてしまいます。

長期間使わないときは、逆さまに向けておきましょう。
逆さまにすると、リキッドがある程度の量しかなければエアーホールにリキッドが面しないので、エアーホールへの漏れを防げます。

また、リキッドがたくさん入っていたとしても、流れにくいですし流れてもドリップチップの方に流れてくるのでふき取りやすいです。

エアーコントロールを絞っておく

吸う時の空気の量を調整するエアーコントロールの絞りも漏れ防止には重要です。

リキッドがエアーフローに入るときには逆に、エアーフロー内の空気も外に出てきます。
空気とリキッドが交換されるんですね。

この時、空気が簡単に抜け出せる状態だと、簡単にリキッドが入り込んでしまいます。
逆に空気が簡単に抜けない状態だと、リキッドが入り込みにくいです。

なので、エアコントロールを絞っておくことで、空気が抜けにくく液が漏れにくい状態を作れます。

それでもジュルジュルしてしまったときの対処法

これらの対策をしていても、温度や気圧の影響でリキッドがじゅるじゅるしてしまうこともあります。
そんな時は、ジュルジュルを無くす方法を試してみてください。

ドリップチップに息を吹きかける

ドリップチップから勢いよく息をフッと吐き込んでください。

要は漏れたリキッドをジュルジュル吸い込んで口の中に入る逆のことをしてあげるんです。
フレンバーはエアーフローの穴が二か所あるのでどちらかを指でふさいであげて、もう片方にティッシュをセットしてふーっと拭きましょう。

イメージとしては、小学校のころのリコーダーのつばを出すイメージですね。

ティッシュをセットしなくてもジュルジュルは解消されますが、すごい勢いでリキッドが飛び散りますので絶対ティッシュで受け止めたほうが良いです。

それでもだめなら分解清掃

それでもダメなときは一度分解して、水洗いしてください。水洗いして干しておいて一度リセットすることで改善されます。

分解清掃でもダメならトラブルが発生しているかも!

分解清掃をしてもフレンバーのアトマイザーが異常なほどジュルジュルする場合はOリングが痛んでいたり、パッキン関係がうまく役割を果たしていない可能性があります。
特に怪しいのはコイルの部分です。コイルは比較的安価ですし、交換が前提のものなので、ジュルジュルがひどいときはコイルごと交換することをおすすめします。

まとめ

ジュルジュルを防ぐには、ジュルジュルしにくい状態にすることと、ジュルった後に適切なケアをしてあげることが大切です。

何も知らないと、ジュルジュル=不具合と勘違いしてしまいがちですが、リキッドを使っている以上ジュルジュルとは長い付き合いになってきます。

初心者の方は知らなくても大丈夫ですが、自分でコイルを組んでいくと、コイルに詰めるコットンの量とか詰め方によってもジュルジュルしやすかったりしにくかったりします。
機会があれば、ビルドコイルでジュルジュルする場合の対策についてもまとめていきますね。

とりあえず、初心者の方でフレンバーを使っていてジュルジュルしてしまう場合は、上のことを試してみてくださいね。