今回もファイブポーンズのリキッドレビューです!
提供はベプログショップ様からいただきました。ありがとうございます!

Kibitzer(Five Pawnsファイブポーンズ)の詳細スペック

キビッツァーと読むのでしょうか。
こちらも調べた限りではチェス用語みたいですね。

VGは65、PGは35という割合です。最近のリキッドの割には比較的VGが少ないですね。

味はパイナップルの缶詰を使ったアップサイドダウンケーキとのことです。

Kibitzer(Five Pawnsファイブポーンズ)を開封&香りチェック♪

香りは完全にパイナップルです。

パイナップルとプラスして若干のクリーム感が+されている香りです。

Kibitzer(Five Pawnsファイブポーンズ)を吸ってみました

では吸ってみます。

セッティングは0.3ohmデュアルで吸います。

うーん。結構フレーバーが飛んでいるような感じがしますね。
パイナップルの風味がグッとくるのと、若干のコクとビターな感じがあります。

これはこれでおいしいのですが、どうしてもパイナップルの風味ってケミカル感が感じやすいので他のフレーバーでうまくマスクしてほしいなという感じなので低抵抗はあまり好みではないですね。

次は高抵抗で吸ってみます。

タンクで0.90ohmシングルコイルで吸ってみます。

あ、これ全然こっちのほうがおいしい!!高抵抗のほうがおいしいです!

さっきは結構飛んでしまってたクリーミーなコクとビター感が+されていてちょうどいい感じです。

ただ、若干ケミカル臭も感じてしまうので個人的にはパイナップルリキッドはあまり相性が合わないですね。

まとめ

今回のリキッドはパイナップル系のフレーバーが好みの方にはちょうどいいと思います。

フレーバーとしては高抵抗で吸ったほうが味を感じやすいので、高抵抗で吸うのがおすすめです。