今回紹介させて頂くリキッドは、「Excision Liquids」から“PARADOX”の紹介です。

フルーツ系のリキッドは色々吸いましたが、マンゴーやストロベリーが多くグレープは吸った事が無かったので味の濃さに期待しています!
ですが、味が濃くなる事でケミカルっぽくならないかが気になる所ではありますね。

提供はベプログショップ様からいただきました。ありがとうございます!

PARADOX (Excision Liquids)の詳細スペック

外観とスペックの紹介からしていきます。

箱のデザインを見てみるとバックはブラックでロゴは紫を主体としてデザインされています。

ロゴは機械の様な感じのイラストが描かれています。凝ってますね。
こういったデザインは自分は好きなのでかっこいいと思います!

[詳細スペック] ・容量 : 60ml
・VG / PG比率 : 80 / 20
・生産国 : USA

PARADOX (Excision Liquids)を開封&香りチェック♪

さっそく開封してみます♪
箱の中には、リキッドボトルの他にリキッドチャージをしやすくする為のノズルが入っています。

ノズルが別になっているリキッドは初めて見ました!
更に、ステッカーと「FREE SONG DOWNLOAD」と書かれた紙が入ってます。

ステッカーが入っていると妙に得した気分になりますよね。

続いて香りチェックをしてみます。

おぉ!!グレープ~~~~!美味しそうないい香りです。
ただ、果物のグレープという感じではなく、駄菓子屋で売っているグレープの風船ガムという様な感じがします。自分としては懐かしい感じですね。

うっすらと柑橘系の香りも感じられてサッパリした味も出るのか期待してしまいます。

PARADOX (Excision Liquids)を吸ってみました

まずは、内径3.0mm / 0.4Ωのワット数は32Wでいただきます。

う・う・ぅ・美味いぞー!!

お菓子っぽいグレープの甘みが口の中に広がります。

かといって甘さはしつこくなく、柑橘系の酸味がわずかに感じられるので、後味がスッキリしていてダラダラとチェーンをしてしまいそうな感じです。

ミストの香りもイメージ通りで、お菓子のグレープっぽい香りで甘く美味しそうな香りがしていました。

次に、内径3.0mm / 0.7Ωのワット数は20Wでいただきます。

低抵抗でセッティングした時よりも、全体的に薄味になってしまいましたが、ミストを吐く時にグレープガムっぽい甘みが味わえます。
甘いのが好みじゃない人は、高抵抗で組めば美味しく吸えると思います。

商品としては抵抗値が低い方が味が濃く出ていたので、低抵抗寄りのセッティングで味わうのが良いのかな~と思いました。

まとめ

というわけで、PARADOXを吸ってみましたが、どこか懐かしい味がして自分としてはとても美味しくいただけました。

吸う前にはケミカルっぽくなりそうと思ってましたが、ケミカル臭はなく純粋に味の濃いグレープで当初の想像を超えてくれました。

味の濃いフルーツを吸いたいけど、甘ったるいのは嫌って方にオススメしたいです!
清涼剤なんかも少量添加してもかなり美味しいと思います。

一つ気になる点として、リキッドチャージが若干しにくい点が少し残念でしたねwww

ノズルの先端が太いのでRDAならまだ何とかなると思いますが、RTAやRDTAを使っている方はユニコーンボトルに移し替えて使用する事をおすすめします。
海外製が気にならないのであれば一度試してみる価値はあると思います。