電子タバコを始めたいけどアトマイザーってなんなの?

ノーチラス(アスパイヤ)
電子タバコを始めるときにハードルとなるのが、構造の複雑さです。

リアルタバコよりも、コストとか健康面ではメリットがあるんですが、複雑さではどうにも敵いません。
だって、タバコってコンビニで買って、開けてくわえてライターで火をつけたらハイ完成ですもんね。

電子タバコは買うまでにもハードルがありますし、買うにしても「アトマイザー」「MOD」「ドリップチップ」「リキッド」・・・

今まで聞いたことないような言葉がいっぱい出てきます。
正直最初はスターターキットっていう、全部入ったやつを買えば悩まないんですが、買う前に構造がややこしくてあきらめた人もいるかと思います。

今回は、電子タバコの味を左右するとっても大事なアトマイザーというパーツについて解説していきたいと思います。

アトマイザーってどの部分なの?

IMG_20160618_201937

では早速ですが、この電子タバコの写真を見てどこがアトマイザーだと思いますか??
四角い箱の上に出ているでっぱりの部分です。

アトマイザーっていうのは日本語に直すと、「噴霧器」です。
用は電子タバコの煙を出すためのパーツですね。

おおざっぱですが、電子タバコのそれぞれの部位はこんな名前がついてます。

電子タバコの機構

この一番頭の部分がアトマイザーですね。

アトマイザーの仕組みってどうなってるの?

アトマイザーは主に

  • ドリップチップ
  • タンク
  • コイルユニット
  • エアーホール
  • コンタクトピン

の4つの部位でできています。

2016y09m07d_203654565

ドリップチップはアトマイザーで作った煙を吸うところです。簡単に言えば、吸い口です。

タンクはアトマイザー内にリキッドを保持するためのもので、この大きさによってどれぐらいリキッドが入るかが決まるのであまり小さいとすぐにリキッドが無くなって頻繁に補充しないといけないのでめんどくさいです。

エアーホールはアトマイザーに空気を取り込む穴です。
エアーホールを調整できるものがあるんですが、広ければ煙が多く出ますが軽い吸い口になりますし
狭ければ煙が少なくて重い吸い口になります。

コンタクトピンはアトマイザーに通電させるポイントとなる場所です。
かつては色んな接続方式があったのですが、今の主流は510方式で、もうほとんどが510接続です。

煙を出す一番のポイントとなる場所はコイルユニットです。
このコイルの種類や作り方で出てくる煙の質が結構変わってきます。

コイルユニットの中はだいたいこんな感じになっています。

コイルユニットの仕組み

MODから電気をもらって熱を発するコイルとリキッドをコイルに供給するコットン、そして上下に穴が開いていて一方から空気を取り込んで、もう一方から煙(水蒸気)が出てくるという仕組みです。

この水蒸気をドリップチップから吸い込むというのがVAPEの楽しみ方になります。

ちなみにこの図とか説明は初心者の方がまず一番に使うことになる、クリアロマイザーでの説明です。

実はアトマイザーにもクリアロマイザーとかいろいろあるので、始めたばかりとか始める前の人にはあまり関係ないのですが、色々調べていくと情報が混在しているのでちょっと整理しますね。

アトマイザーの種類

大きく分けてアトマイザーには二つの方式があります。

  • タンク式
  • ドリッパー式

このうちタンク式にも色々種類があります。

先ほどもちらっと触れましたが、初心者の方にぜひおすすめなのがクリアロマイザー(通称クリアロ)です。
クリアロはコイル交換の時に既成のコイルユニットが販売されているので購入して交換するだけでOKの簡単な方式です。

タンク式の中でも中級者向けのRTAというものがあります。
リビダブルタンクアトマイザーの頭文字です。

これは基本的な部分はクリアロと同じですが、コイルユニットの中のコイルを自分でまいたり、コットンを詰めたりしないといけないので初心者の方には難しいので最初に選ばないでください。

中級者になって好みの味を追及するために、めんどくさいコイルを巻いたりしたくなった時に買うやつですね。

ドリッパー式はRDAと呼んだりします。これはリビルダブルドリッピングアトマイザーの略です。
これはさっきまでの方式と違って、タンクがなくって直接コットンにリキッドを垂らして吸います。

めちゃくちゃめんどくさいですけど、リキッドの味がクリアに出るので中級者~上級者向けですね。

このRDAとRTAを総称してRBAと呼びます。
めっちゃややこしいですよねwアメリカはUSAとか三文字の英語が好きなのでこんな名前になっちゃってます。

覚え方はRTAのTはタンクのT、RDAのDはドリッパーのDです。
RBAはその二つの総称です。

ちょっとややこしいので相関図を作りました。

アトマイザーの代表的な種類

別に覚えなくても大丈夫です。初心者の方はクリアロで十分楽しいです。
それ以外は正直酔狂ですw楽しいんですけどね!

なので、初心者の方がアトマイザーを選ぶときは「クリアロマイザー(クリアロ」を選んでください。

アトマイザー選びで最低限押さえておきたいポイント!

チェックするポイントは人によって違うのですが

  • リキッドをどこから入れるのか?
  • MODとの接続方式
  • つけられるコイルの抵抗値
  • アトマイザーの直径

といったところを最低限見る方が多いです。

最低限ここは見た上で、味重視煙重視といったニーズに合わせた商品を選んでいく形になります。

リキッドの入れ方は使い勝手にかなり影響します。
主に入れ方は「トップフィル方式」「ボトムフィル方式」の二つがメインです。

今は主流なのがトップフィル方式といって、アトマイザーをMODにつけたままリキッドを足すことができる機構です。

注入の仕方は簡単で、開け方はそれぞれのアトマイザーで少し違うのですが、こんな感じで一番上の蓋が開きます。
この開いたところにリキッドを注入するという方法がトップフィル方式です。

ちょっと前まではボトムフィル方式しかなくって、わざわざMODからアトマイザーを外して、逆さに向けて蓋を開けてリキッドを入れるというやり方が多かったのですが、技術の進歩でほとんどのアトマイザーがトップフィル方式になっています。

なので、初心者の方が選ぶときは上からリキッドを注入できるモデルを購入することをお勧めします。

コイルも既成のものがありますが、抵抗値といわれるものが違うタイプのものが販売されています。

詳しくは別で解説しますが、簡単に言えば抵抗値の低いもののほうが煙の量が多くて、高いものは煙が少ないけど味が出るというのが一般的な説明です。

初心者におすすめのクリアロってなに??

これまでに書かれていることを知っていれば、お店で会話したりネットで情報を探すときに最低限十分な知識がついています!

でも、いくら理屈を知ってても「どのクリアロを選べばいいか」まではわからないですよね。

そこで初心者の方にも十分楽しんでいただけるクリアロを紹介したいと思います。
選定基準は使いやすさ、味の良さ、煙の量の3つのポイントに注目して選んでいきます!

ちなみにクリアロの価格帯は3,000~6,000円ぐらいです。

  1. ノーチラス(Nautilus)【Aspire】

    ノーチラス(アスパイヤ)

    5.0
    煙の量 2.5
    使いやすさ 3.0
    価格:
    4,200円(税込)

    リリースされてからかなり経っていますが、根強い人気のアトマイザー

    簡単レビュー

    発売されてから相当時間がたっていますが、まだまだ根強い人気があります。
    味重視のアトマイザーで正直色々形式は古くて使いやすさでは一歩遅れてますが、これを超える味の良いアトマイザーがなかなか出てきてません。
    電子タバコをするなら一つは持っておきたいマスターピースです。

    商品詳細を見る

  2. メロー(MELO) 2【Eleaf】

    05251052_57450576da14c

    4.0
    煙の量 3.5
    使いやすさ 4.0
    価格:
    4,500円(税込)

    最近主流の機構をふんだんに取り入れた機種です。

    とにかく使いやすくて味も出て煙も多いというとても優秀です。

    簡単レビュー

    トップフィルで、リキッドチャージもしやすい機構。
    味も出やすいボトムフロー方式を取り入れているので、味も優秀です。
    値段も手ごろな価格で初心者が手を出すのにとても良い機種。ゆくゆく先も使える高性能な機種なのでサブ機としても使えます。

    商品詳細を見る

  3. iSub APEX TANK【INNOKIN】

    isubapex

    3.5
    煙の量 4.0
    4.0
    価格:
    4,980円(税込)

    名機と言われているisubAPEX。独特の機構でほかには真似できない商品です。

    味も良くて、煙もでて、使いやすいと3拍子揃ったアトマイザーです。

    簡単レビュー

    機構的にめちゃくちゃ漏れに強いアトマイザーです。
    煙の量ももの凄く多くて、ミスト温度が低くなる設計なので味もものすごく良いです。
    構造が複雑なので若干メンテナンス性に難がありますが、普通に使うにはリキッドチャージもしやすくものすごく使いやすい設計。
    中級者になっても十分サブ機として使えます。

    商品詳細を見る

まとめ

初心者の方には少し難しい話ですが、わからなくても気にしなくて大丈夫です。
初心者はアトマイザーを個別で買うよりも、全部セットになったスターターキットを買う方法もあります。

自分好みのアトマイザーを見つけて快適な電子タバコライフを送ってくださいね。